So-net無料ブログ作成

紀州清流担々麺 produce by keisuke [Diary]

01.jpg
↑先日、船橋のシャポーにある紀州清流担々麺 produce by keisuke というお店にいってきました。
この担々麺は、「ピスタチオ担々麺」という看板メニューのようす。
普通の白ごま坦々麺にピスタチオのすっごい豆豆しいクリーミーなスープが合わさった凄技。
ひとことで言えば、これうまっ!でした。

02.jpg
↑入口のところののれん。ラーメン屋っぽいけど、白くて清潔に感じますね!

03.jpg
↑さっきはピスタチオを看板といったけど、この白ごま、ピスタチオ、汁なしが看板メニューかな。
汁なしとすごーーく悩みましたが、せっかくなのでまずはおすすめのおすすめの王道を。

04.jpg
↑またしてものれん(笑)
さっきの看板の上にあったやつ。everyでピスタチオが紹介されたらしい。

05.jpg
↑またしても入り口(笑)
第1、お店の読み方もようわからんときた。

06.jpg
↑券は食券式で最初に買わないといけない。はて困った。
実のところ予習で、おおよそ何にするかは決めてました。 (だから王道になった)
味はあっさりとこってりがあるけど、食券は一緒で注文のときに言うらしいです。

07.jpg
↑お店の厨房のあたり。ひとつひとつ丁寧に作ってる印象。
たまたまかもしれないけど少し遅く感じました。(腹ペコだったしね)

08.jpg
↑店内の奥の様子。この下にはカウンター席、
私がいたのは広いテーブルのある4人用席もあるのでファミリーでもOK。
さっきの厨房の前もカウンター席でした。

09.jpg
↑メニューの詳細。食券のあたりにもこれあったらいいのになあ。
色々ありすぎてどうしたはよいのかわからなかったしね。
ようはピスタチオのほかにも松の実とか、くるみとかいろいろあるので。

10.jpg
↑ちょっと気になってた汁なしは今後の課題で。
なんというか、ナッツぎっしりで、少し悩んでしまいました。
ナッツしか味じないのでは?と危惧したけど、ほかの味もするみたい。

11.jpg
↑あとこのお店で楽しみだったのは、ぶどう山椒です。
実に香りのよい山椒でしたよ、これも売りみたいですね!
汁なしのは、その山椒の味もよくわかるみたいです。

12.jpg
↑あと、ほっとしたのは、店員さんの手書きのおしぼりです。
これはお店のポリシーのようですね、手書きがとてもいいです。

13.jpg
↑お連れ様は、悩んだ挙句、それこそ王道中の王道!白ごま坦々麺!
でもこれがすべての基本ですね、きっと。それにピスタチオとか混ぜてるかんじ。

14.jpg
↑白ごま坦々麺に、この特製ラー油を入れたらとってもといしかったです。
んでもしかし、Keisukeで誰じゃい????

15.jpg
↑と思ったらお店の外に写真がありました。ラーメン界では有名らしく、
この方のプロデュースだから、いいぞ〜的なようです。少し値段はお高めかな〜

でも大満足な一杯でした。あえていうと、中太麺ぐらいのこってりではなく、
細麺のあっさりにして自分好みにするとよかったかもです。
Keisuke特製ラー油とか、辛いやつとかおいしそーでしたので。
今度、機会があったらまたピスタチオのあっさりにしてみたいとおもいました。
(実は食べ終えたら、やや気持ち悪さが...お連れさんもね...)

ラーメンブログではないので、あーだこーだじゃないですが、
また行きたいか?といえば、いえすです。アクセスもよいし、日曜日でもそんなに待たずに。
でも我々が出るころにはファミリーが並んでおりました。少ない方々はカウンターで。
ちなみにお子様むけのラーメンもちゃんとありました。といってもほとんど辛くない。
そう、坦々麺といっても辛くはなくナッツの甘みがつよいので、自身の好みで辛くする。
そんな自分のお気に入りがみつかればいいかな~とおもいました。

16.jpg
↑この日は帰りにファミマのピーチフラッペも食べてご満悦な休日になりましたとさ!
nice!(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東京マラソンを応援するぞ! 2019 [Diary]

15.jpg
↑職場のケンちゃんが、初のフルマラソン挑戦にて、なんと東京マラソンに当選したのです。
今まではハーフに何度か応援はあるのですが、私も初のフルだし、東京だし応援がんばりました。
皆様、ご存じかと思いますが、今年はずっと雨、雨、雨だったのでこれまたたいへんでした。
とはいえ、普段ディズニーで「くじけない心」を培っているので、へこたれず。。


16.jpg
↑まずは作戦会議です。やはり大きな大会なので、ブログで検索すると応援マップもあります(笑)
というか、毎年すこしずつコースは変わっているものの、だいたいのポイントは一緒。
しかも今年のコースは来年の東京オリンピックのコースに似ているとの事で、
誰かの何かの参考になるかも~(というか自分用だけど)と残すことにしたわけです。
ようは緑で囲った折り返し地点を応援ポイントにすると、1度で2度おいしいわけです。
15km、20km、35㎞あたりを囲っております。


14.jpg
↑東京メトロが公式スポンサーのようで、トイレは選手が自由に使ってよい、
30㎞すぎから、東京メトロのアクセスがやや悪いというのあって、都営線一本にしぼることに。
そしたら私のトイレは都営線の使えば、選手の邪魔にはならない(そんなに行くんか!)
ちなみに700円で地下鉄は7回のって、10か所で応援できました。


1.jpg
↑おおざっぱなキロ数ですが、駅名を入れます。というかメモをそのままうつす。
大事なのは、出口を把握しておくことでした。グーグルでここは細かく調べました。
おおまかなルートはブログでみた先人の知恵をそのまま生かしております。

スタート 新宿都庁
4km 新宿線「市ヶ谷駅」 出口4 靖国通りへ
14km 浅草線「蔵前駅」出口A4
16km 浅草線「蔵前駅」 出口A4→A2 (駅構内しか通れません、*後述してます)
蔵前駅を浅草寺方面へ地上移動して、大江戸線「蔵前駅」へ
20km 大江戸線「門前仲町駅」出口5
21km 大江戸線「門前仲町駅」出口5→3

(25.5km 浅草線「浅草橋駅」これは蔵前経由だと人ごみがすごくて移動が難しいのと、
大門経由だと時間ロスが大きすぎるので、都営線の移動はやめてお昼休憩にしました。
メトロを使えば早くいけるはずです)

29.5km 浅草線「宝町駅」出口A5 中央通り メトロ京橋駅付近へ徒歩で移動
34km 浅草線「三田駅」出口A5
38km 浅草線・三田線「三田駅」出口A5→A8またはA10
40km 三田線「内幸町駅」出口A8
ゴール 三田線「大手町駅」出口D2 
(ただし私は逆サイドだったのでメトロ二重橋駅方面からアクセスするべきであった)

ま、最後は残念だったけど、メトロ二重橋駅や都営日比谷駅からだと、
かなり歩かないといけないので、ゴールには間に合わない可能性があったので、
大手町に電車で抜かした方が早いほうが事実。

2.jpg
↑スタートの都庁前です。この時点ですでに雨が降っておりました。
しょんぼりしましたね~でもずっと雨だったので、まだ小降りだったのかも。

3.jpg
↑スタート前からわかれたので、一番ひまな時間がここでした。
さっさと移動して、なぜかメロンパンとコーヒーを食べておりました。
このメロンパン、友人に教えてもらったのだけど、メロンジュレみたいなのと、
ホイップいっぱいでとてもおいしかったです!

4.jpg
↑そして市ヶ谷駅付近、雨がいちばんつらかったときですね。
とにかく傘があるからみえずらいし、他人の傘の水はタラタラ垂れてくるし、
濡れた凍えた手で携帯をいじることもできず、そんな中、一眼レフを構えるのも大変。
でも、ディズニーで培った負けない根性で、カッパ着用でがんばりました。
(さながら、夏イベントの状態)

IMG_8675.JPG
↑トップ集団の写真だけ、えっとあとでYahooニュースで同じ顔をみました。
自転車より早いですね、それに寒さはまったく感じてない様子。

6.jpg
↑雨の中でも携帯をいじるのは、今は応援Naviというのが、あってアプリをDLすると、
本名で検索すると、今の選手のだいたいの位置を表示してくれます。
とはいえ、結局は移動時間の予想位置なので、おおよそであって正確ではないですが、
前後10分以内だった気はします。でも早い選手はある意味正確かもしれないです。
市民ランナーは疲れるとすぐ遅くなるからね(笑)
自身は青い位置にいるので、これはあっているので、ランナーが重なっても、
しばらくはここに居ないとやってきませんでした、最終的には本人に電話でききました(笑)

5.jpg
↑上記の*の後述の補足です。浅草線「蔵前駅」でのこと。
蔵前駅まえは、ランナーが浅草寺で折り返すので、対岸に渡ればいいのですが、
交通規制があって横断歩道は使えず、ほかの駅のように地下道があればいいのですが、
ホームしかない駅なので、改札を通らないといけないわけで、私はフリー切符だったから、
どっちでもよかったけど、渡されたのでそのまま受け取ってしまいました。
とはいえ、狭いホームと階段でさらに濡れているので、移動はとても大変でした。

9.jpg
↑そんなこんなで、何度もおっかけをしていると、ケンちゃん以外にも、
なぞの知り合いが出来てきて、とっても楽しかったのですが、最後は無理かな~と思った大手町。
残念ながら、D2から出るとゴールして右にむかう選手しかみれなかったけど、
真ん中のゲートを通っているケンちゃんはみることは出来ました、つまりみただけ。
ケンちゃんはゴールしたら左側に移動する選手だったんですね、知ってたけど、
てっきり移動できるかと思ってたけど、ゴール付近は規制が厳しかったです。

8.jpg
↑そんなんで皇居周辺ですね。どこか二重橋なんだろうか?と思いつつ、
こんなお堀をみるのも久しぶりだな~とか思ってたけど、ほんとずっと雨だった。

12.jpg
↑ケンちゃんの手なので、お見苦しいですが(笑)
選手はこれを前日までに顔写真と一緒にバンドをまいたそうです。
つけたままお風呂とか入ったわけですね。ハイテクだな~

10.jpg
11.jpg
↑本人も走り始めて数キロでもうダメかもしれないと思ってたらしいけど、
ちゃんと制限時間内で走り切り、無事に完走メダルを手に入れることができました。
やっぱり、完走した瞬間にお腹は減るし、途端に歩けなくなるみたいです。
さっきまで、みんな雨の中、さっきまでがんばっていたのに、おわるとみんな歩きにくそう。
本当にアドレナリンがすべてを司っているんだな~と目の当たりにしました。

13.jpg
↑完走記念のスポンサー品、あとポカリスエットもあった気がする。
とにかく東京マラソンはお金かかっているだけあって、リッチな感じがしました。

7.jpg
↑この時は、逆サイドだったのか~と気づいてしまったあとだったので、
隣の外国人が写真撮らせてもらっているのをちょっと便乗させてもらいました。

しかしながら、ケンちゃんに言わせると、なぜかいつも先回りしているのが不思議だったと、
もはやストーカーのごとくでしたが、悪天候の中、ランナーが少し遅かったのもあるかもですが、
うまい具合に、10か所も会えたことは700円でやりきった感がありました。。。

が!ですが!!!!とにかく都営線、階段が多かったです。登りエスカレーターはあるけど、
下りはほとんど階段、しかも狭い通路、傘もじゃま~~~カッパもじゃま~~でした。
あおぽんの計測によると、歩数は22000歩、登った階段数は47階でした!
ほんとに、歩いてどれだけ上下したんだ?と、私も疲れ切っておりましたよ。
ネットは都営線のフリーWiFiを使って消費を減らして、暖房がきいているので、
立って服を乾かしているのはひたすら電車内でした(笑)
前述したように雨の中の携帯は相当消費するので、応援Naviは家にいる妹に頼んで、
文字データでケンちゃんの現在地をかいてもらい、画面だけの表示で確認しました。
さすがに悪天候の時は、一人でまわるのは大変だ!と痛感いたしました。
なので、夏のオリンピックは暑すぎて無理かもですね。数か所をおすすめします。
冬場の東京マラソンだったからこそ、この移動が可能だったのかもしれないです。
誰かの応援や何か所でも待っていてくれるのは、相当な励みになったそうです。
わたしも、ミッキーが待っていたら絶対にがんばるんだけどね、、(笑)
なのでDisney Runに興味がないわけではないのでありました。無理だけど。。


nice!(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

3月10日 2019 [Diary]

unnamed1.jpg
↑毎年、3/10によせてあれこれ書くのですが、だんだんネタもなくなりますね。
でも毎年いっているように、故人を思い出す良い機会なので、今年もかきます。

......の前に、とうとう東京フェイスも最後になりそうですね。
上海や香港、クルーズやアナハイムでみてきて、グリも問題なくできているのですが、
ワンマンだけは特別思い入れのあるショーなので、やや抵抗を感じのは正直なところです。
(かくいう香港のFoFも実はろくにみていない、前を知っていると実は,,,なのでした。)
絶対反対とかそういうのはないのですが、さみしさを感じますね。

とはいえ、年をとって年月が経てば変わっていくことは当たり前なのですが、
先日、父方の伯母が亡くなり葬儀にいってきました。
やや辛口なので(笑)、死んだ母親はいつもビビりまくっていたのですが、
いまこの歳になると、伯母の辛口ながらもその気遣いは脱帽ものです。
我が家を思ってとか、小さい姪たち(私のこと)を思ってのことだったんだなと。
その優しさや気遣いはいとこたちに引き継がれているんだろうなと思います。
どうしてそんな簡単なことが当時はわからなかったのか、それはやはり若かったから。

お騒がせなアメリカに住んでた伯母の妹だから、今頃はあの世で説教をしていることでしょう。
(いつも怒られるのよ~~~~とアメリカの叔母がいってましたから)
そして、きっとあの世でも色んな世話をやいているのだろうと思います。
私の母親もきっと、とうとう来ちゃったかとね。がんばってください。
いとこ達の出棺のときの背中がとてもとても小さくみえました。
我ながら冷静に告別式の段取りとか、流れを真剣にみてイメージしてました。
明日は我が身、というか親の死は避けて通れない道ですものね。

こうやって年月が経つと、いろいろ変わっていき、最初は耐え難いことでも、
そのうち良い思い出になっていくのでしょうかね。そう願います。

unnamed2.jpg
↑あと少し。みるたびに、「もうこれで一回みる回数が減ってしまった」と、
毎度毎度なみだぐんでます。泣いてもしょうがないけど、終わることが悲しい。
顔もどうなるかな。。。できればこのままで思うけど、いつかは良い思い出にかわるかな。

ワンマンと同じなのかよ~という感じですが、私にとっては最大重要事項なんですね。
2020年のこの日が、今の悲しさから少しでも解放されていますように。
nice!(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ゆく年くる年 2018 [Diary]

今年も終わろうとしています。
もうブログを書くのはぐっと減ってしまったけど、節目ふしめには続けていきたいと思います。
ディズニーと共に振り返る1年にしてみようと思います。とはいえ物覚えは悪いので、
いまたまたま思っていることを書いているだけですが。

どうでもいいのですが、
年末にずっと観に行きたかった映画の「ボヘミアンラプソディ」を観ました。
Queenは知ってましたし、曲も知っていたし、フレディマーキュリーも知ってましたが、
あの歌にそんな意味がとか、そんな風にして出来たのかというか、なんというか、
自分でも知らない間に何でもないとこで涙が出ていたのにはびっくりでした。
もし彼が生まれた時代があとちょっと遅かったら、もっと生きやすかったかもしれないとか、
今なら病気に負けなかったのかもしれないとか、ボヘミアンラプソディの歌詞の意味が。
それとWe are the Champions my friendsのWeやフレンドって誰のことなんだろうとか。
マイケルジャクソンのThis is Itも何度も観に行きましたが、こちらもIMAXで是非みたい!
伝説のバンドと思ってはいましたが、この映画で本当にLegendですわ。

話がそれましたが...(それぐらい衝撃だったんです!映画が)

IMG_1.JPG
↑1月
突撃アナハイムですね。ほんとよくあんな強行で行くもんです。
でもFantasmic!がみたい、それだけでした。あれも考えると何度もみれなかったんですよね泣
それとナビダなミキミニに会いたいというのもありました。最後かと思ったけどまだやってた。
今年も2泊4日のチャンスはありましたが、あまりもの航空券の高さにやめてしまいました。
あとアイツのせいで、DVCのポイントすっからかんになってしまったので。
その分、年明けに初めてのバケーションパッケージに行ってきます!
(アイツ=アウラニ)


IMG2.JPG
↑2月
正確にいうと1月だったんですが、「レミーの誰でも名シェフ」ですね。
ホテルアーリーで迷わずこっちに行ったのですが、あまり人がいなくてさみしかったです(笑)
ピクサープレイタイムは結局エリア内ではみなかったかもしれないです。
別に嫌いとかではなかったけど、こっちがよかったわけですよ。
1回目なんて、始まってからもエリア内でみれたりする感じがとても好きでした。


IMG3.JPG
↑3月
確かミニーオーミニーが終了したのが、3月だった気がしますが、
もともとここのシアターが観にくいのであまり好まかったのですが、
長年やったショーが終了してしまうのはさみしいですね。それはそうと今度はワンマン。
そっちの方がより一層悲しいです。最後のほうになると抽選になってしまって、
私は前の方か、通路じゃないと写真はとても撮れないのですが、
奇跡的に通路側が当たって結局はこれが最後になったような気もします。
ラスト日は舞浜にいましたが、人がたくさんだったのをみただけでした。(レミーに居た)


IMG4.JPG
↑4月
一生忘れないことでしょう。妹の子供が女の子だろうといわれた時から、
絶対にやりたかった「ビビディバビディブティック」全額支払いましたよ!
小さいころからディズニーに興味を持たせるようにして、ミッキー好きにして、
自分が子供をもつことはもう不可能なので、夢が叶った瞬間でした。
しかもランド内のプレミアムドレスだったので、値段は倍近くします(どーなってんだ!)
でもですね、不思議なことに就職してから細々と徴収されたお金が何故かこの年に返金になり、
それがちょうどビビディの金額になったという、本当に魔法みたいなことが起こりました。
さらにこれは4/15日曜の35周年当日でしたが、なんとハピエストサプライズも貰って、
ほんとうに初日だったので、自分たちもビックリ、多くのキャストさんに声かけられました。
「あ~~~それは!本当に今日から始まったんですね!!!」と言われました(笑)


IMG5.JPG
↑5月
またまた確か4月の写真だった気もしますが、ハピネスイズヒアが終わり、Dreaming Upが開始、
ちょっと海外のパレードっぽいなあと思っていますが、完全版だと豪華なんですが、
雨がふったりするとちょっとさみしくなってしまいますね。
新しいパレードが始まると春はそれだけになってしまうのがそれまたさみしいです。


IMG_6.JPG
↑6月
大好きだったファッショナブルイースターが終わってしまいました。
なんだかんだと春はみた気がいたします。何年もやっているとみやすくなるので私は大歓迎。
でもちょこちょこ変えてはいるので、ついにはデザイナーが仲良しになったしね。
初年度のいがみあっているのもすっごく楽しかったですヨ。
そういえば七夕ってみたっけ?1か月もあるからいつでもいいやと思うとみないもんです。
昔は1週間しかなかったので、すっごい気合いを入れてみてたもんですが。
上とかいてることが矛盾している。。。(笑)


IMG_7.JPG
↑7月
ここ数年はパイレーツサマーに「ど」ハマりなもんで、ランドがおろそかです。
たぶん2回しかみていないような、どうだったかな。そんなところです。
昔の爽涼鼓舞のときのような情熱は残念ながらないです。
よって夏の水浴びはもっぱらシーのGet Wetでございます。でもミキ広2列目という好条件の時、
なぜかすべての撮影機器を忘れてしまっておりました。まあそれも良い思い出です。
しかし今年の夏はとても暑かったですね。それしか覚えておりませぬ。


IMG_8.JPG
↑8月
そんなわけで夏はパイレーツサマーでございます。
今年のコン教官はなんとロストからハーバーに進出してきました。
この時のコン教官は、このどうぶつに若返りミストをかけてやる!ともはやコントでした。
今年もたくさんのコン教官に癒されましたね。ミストもかけてもらったし、
いわゆる海賊グリがとてもたのしかった。連れが筋肉マンのカッテーナさんに選ばれたのも、
本当に良い思い出です。そしてそのあと、記念撮影もできたんですね。
3人で撮った写真があるのですが、その後日、私がカッテーナさんと2人で撮った写真があって、
連れいわく、自分と撮った時よりもいい笑顔なのは何で?と陳腐な質問をしてきました。

そうそうアイツはこの月でしたが、私の黒歴史なので封印したしました。
(アイツ=アウラニ)


IMG_9.JPG
↑9月
ハロウィンのランドのパレードは一新してすごくよかったのですが、
みるのがたいへんだった記憶しかないので、今年最後になったヴィランズワールドの写真を。
やはりフライトボードがすごいですが、ちょん切れてますね←通常運転。
でもすっごく待たなくても良い場所でみれるので、私はショーを長くやるのは賛成です。
年パスがそろそろ切れるから、追い込みで行くかなと思ってたけど、そうでもなかったです。


IMG_10.JPG
↑10月
ちょうど上海に行ったころにTDR年パスが切れたのですが、あまり気になりませんでした。
上海はめためた楽しかった。ランドホテルのキングダムクラブだったけど快適すぎました。
やはりホテルアーリーが出来たのは大きいですね。上海の栗鼠人気は腹の底から驚きました。
香港より断然短い時間でミキミニに会えるのはうれしいですが、栗鼠に会うのは一苦労でした。
そういえば、たまたまだったのですが、年パス切れる日に久々のミキカンSに行けました。
でもその時のビデオとか写真のデータは間違ってすべて消してしまいました(笑)
なにをしているのでしょうかね?


IMG_11.JPG
↑11月
舞浜のクリスマスはそういえば、11月中にランド1日シー1日で終えてしまいました。
なので貴重なランドの日に青空でのミキミニをみれて悔いはなかったでございます。
シーの方といえば抽選はむなしく散ってしまいましたが、私らしく課金でみることは出来ました。
イッツクリスマスタイムは、香港のクリスマスタイムボールと同じように生歌ですね。
歌はとってもよかったです。みれなくても歌は聞こえてきますもんね。


7.jpg
↑12月
抽選だと年パスあった方がいいのかな?と思ってたけど、まあ悔しかったけど、いいかとなり。
12月にふっと湧いた連休は急きょ香港に行くことにしたんですね、何度もいってるけど。
でもホントに航空券が高くて諦めモードだったときに、運よくセールがね(笑)といいわけ。
このWe Love Mickeyのバースデーエディションは感動だった。腹の底から感動した。
さきほど書いたボヘミアンラプソディと同じぐらい感動した。←なんだそりゃ?
ミッキーが大好きだ!と再認識できたのでほんとによかったです。

2018年は変化の年かもです。なんというかTDRからの離別というか、、なんというか。
たまに行く方が楽しいのかもしれないとか思い始めています。
もちろん近くだから行かないという選択肢はないですよ。
それとにっくきアイツ=アウラニですが、さきほど黒歴史とかきましたが、
人生で一番つまらなかった旅行がハワイのアウラニだったという黒歴史です。
ほんとに思い出してもつまらんかったです。なんであんな所をいいという人が多いのがわからん。

つうのも、なんだか世の中に逆行しているので、ぜひ来年リベンジできたらなと思います。
リベンジして黒歴史が白くなったら、
今度こそハワイは十分楽しんだから、二度ともういいやと言おうと思っています。←結局はそこ。

そんなわけで、悪いこともあったけど(笑)、たくさん良いこともありました。
ハピエストサプライズ2回もらえたのも、すっごくラッキーなことですものね。
よって2019年はまずは黒歴史を白く塗り替えて、ほかは現状維持です。
体重はすこし減りましたが、目標はあと半分です。
そんなわけで、こんなことを抱負しているので、わたしはいつも通り元気ということです。
笑って過ごせる時間が1秒でも多くありますように。そんなところです。

1年間お世話になりました。また来年もお世話になります!よろしくでございます。

nice!(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

シウマイの崎陽軒、工場見学へ! [Diary]

92DBBBEE-2429-403D-AC08-70FAB618AD6C.jpeg
噂にはきいていた崎陽軒の工場見学。
今までのノウハウを生かして無事にネットで予約完了。とうとうやってきました!
場所や詳細は下記URLを参照していただきたいですが、新横浜駅からバスで港北インター架橋近くです。
3ヶ月前の0時から予約開始、人数限定の無料の工場見学です。


崎陽軒工場見学(横浜工場)

9CA4CA85-3FBA-4B1F-9D45-1C37F3D0E05C.jpeg
実は意外とバス停から歩くのですが(笑)バスは1時間に1ー2本と少なめなので皆様一緒。

E965F89F-03B8-4B6C-8D4F-66AFDE88BCE6.jpeg
まずはいってプチミュージアムショップが電車!
行きたい気持ちはありますが、とりあえずは見学に向かいます。
靴は履き替えていく必要があります。

14FB3369-6053-42ED-987C-4BFC05E240A9.jpeg
色別のランヤードを渡されて何人かのグループで行動します。
何となくですが、子供連れのグループと大人だけのグループとかに分かれてた気がします。

F37A42C9-925C-46CD-94B7-3C491D44332E.jpeg
ここで待ってたり、ビデオをみたりもしたけど、驚いたのは飾ってある材料。
みんなイミテーションかと思ったら、テレビの左横のホタテの貝柱はなんとホンモノ。
蓋をガバッと開けていただき、匂いを嗅がせていただきました。
そのガバッとというのも驚いたりして(笑)

6854FC67-2AF9-4BF3-A3CE-C50D30C7AE1E.jpeg
252AC46A-1352-4149-B03D-52AAF1AF1315.jpeg
1B7FCE52-D049-4744-B86E-05111FD759A1.jpeg
醤油いれのひょうちゃんもだそうです。名前あったんか?と思いましたが、
言われてみるとそうですが、昔ながらのシウマイには入ってますがシウマイ弁当にはないそうです。
シウマイは90年以上の歴史があるそうで、なんと1928年に誕生、ミッキーと同い年なのかシウマイ!
還暦の金色や、オペラ座の怪人やFFのコラボもあるそうです。

26143429-79C3-46EB-9E8F-FBACC91CF65F.jpeg
実際の工場はみて説明を聞くだけで写真撮影は不可ですので、パンフレットを。
でも実際にお肉が小さなシウマイにあっという間になってる姿は圧巻。
短時間で蒸されて本当にあっという間‥すげえ。
材料は、豚肉、玉ねぎ、ホタテ、グリンピース、塩、こしょう、砂糖、でんぷん、小麦粉の9種類。
そういえばグリンピースは混ぜられてるので必ず入ってるとは限らないらしいです(笑)

50A0F185-3E90-41FD-8A70-0FA4464B4A72.jpeg
去年からシウマイ工程の他に弁当工場も見学可能に。
例のあれっすよ、シウマイ弁の出来上がるまでをまずは説明を受けます。
その後は、ベルトコンベアーというかほぼ人力で動いてる一列に、
皆様が並んで詰め込んでる姿は圧巻でした。ちなみに昆布やしょうがはベテランさんがやってるそうです。
あと蓋をして紙をつけて紐かけしてるのは機械が5秒ぐらいまでベテランさんは3秒ちょっととか!
まさに神業でしたよ。さらにあれは一本ひくだけでするっと取れるしくみだそうです。

495D53B1-FD69-4607-A1E0-05A97EFB00DE.jpeg
はいっ、出来上がり。まんまと買って帰りましたよ。寄ってるのは道中長すぎたので(笑)

47EF40ED-2D64-499E-B502-65E86D0DFDEF.jpeg
話が逸れましたが、工場見学を終えたらお楽しみ試食会です!
そういえば、シウマイはふたつでひとつは少し大きめの特製シウマイらしいけど、
テンション高くてどっちがどっちだかわかってませんでした(笑)
いつもの筍煮も健在ですよ!あとは甘いお菓子です。お茶もセルフサービスでした。

CBB394C6-6E58-48D4-9D36-FC3050D7F090.jpeg
EC5D4B00-88A3-4E6B-8CD2-972A1756C287.jpeg
その他にも歴代以上の展示、現在は右手前のチャイナ服っぽいのですよね。
上の撮影スポットでは、それらを羽織って撮影して、シウマイ娘気取りになれるそうです。

8BBB35DB-F6FB-4D9C-822C-6522AB14E31E.jpeg
ちなみに(笑)、おおうミッキーとにやにやした部分です〜

3C879210-49B8-4D77-BFAC-999D06A22A44.jpeg
おまけ要素のようですが、試食のところに手洗い体験も。
これね、えっらく長い手洗いです。私も手洗いマメだけど、長すぎ!
全行程2分ぐらいで、石鹸は2種類で水もなかなか出たこない。
タイムラプスで撮影したら9秒でしたが、使ったことある方ならばわかるだろうけど、
あれで9秒になるにはどれだけの長さか?(笑)

409CA04B-18E6-4F8C-827C-B6EE2858DE50.jpeg
380F6C2A-2057-4188-A53C-DDF3294F5F17.jpeg
試食の時間から解散になりますが、それでだいたい90分でした。
出たら最初に行けなかった、プチミュージアムショップを覗きます。
表が電車っぽいと中も電車っぽいです。しかも総武線快速だ!(私は千葉県民なので横須賀線とは言わない)

9B9AF5B8-9683-404A-9075-639A61DE961D.jpeg
工場出来立てアツアツメニューでシウマイまんを食べてみました。
実のところ、昔ながらのシウマイが品切れで‥ん?すぐそばで作ってるのじゃないの?と突っ込みたいですが、
いかんせん、餃子の王将で餃子品切れの刑を受けたこともあるからそういう運命なのか?(笑)

A60B1297-2461-4F25-A962-003122194904.jpeg
赤いいつものパッケージはデパートで見ることできるから、
他のシウマイを買おうかな〜と思いつつも、やはりあんなに詳しく言われてしまったヤツをね。

4C7D68E5-2EB1-4F86-9140-FF7D8C18D952.jpeg
シウマイ弁当を買って帰りました。千葉で買うとタイミング悪いと品切れなんですよね。
冷めてもおいしいシウマイ、しを取り除くと、「ウマイ」となるそうですが、温かくてもおいしかったです。
ちなみにさっきの電車の中で食べることも出来るようです。

予約を取るのがなかなか苦労するそうですが、きちんと3ヶ月前の0時ピッタリにアクセスして取れました。
某TDRサイト←で鍛えた甲斐がありましたよ(笑)
無料であんなに詳しく楽しく教えていただき、しかも試食もあって幸せ工場見学でした。
ちょっと遠いのが難点だったけど、全く飽きない90分でした。
もし機会があればぜひぜひに、おススメしちゃいます〜




nice!(4) 

3月10日 2018 [Diary]

D88EF649-1A05-43C5-8B89-7EC106E69DD9.jpeg
もはや、年号をつけるのが当たり前になった。
母の命日から12年、今年はとうとう13回忌になったのだよ。
春らしい画像をつけたいけど、今回はいちごで許して。
ホテルサンルート東京のあまおう食べ放題はかなり大満足!

毎年、色々考えてかくけど、やはりなくなってきたなあ。
だから今年は近年稀にみないことが起きてるから、
墓前でも言うつもりだから、ご先祖様もざわつくだろうな(笑)
姪も来年はとうとう学校にあがるわ〜ビビディに行きたいと言い出すは〜

そういえば、就職してからコツコツ貯めていたというか強制的に取られてた貯金が、
なぜか全額返ってくることになって、かなりの金額だけど、
それがちょうど姪のビビディバビティブティックの金額と同じという。
私はいつ会うかわからない姪のために貯めていたのか?(笑)
何かの理由があって物事は起きると思ってるから、
もし今のささやかな事が続かなくてもきっと何かに繋がってると、
信じてまた今年もがんばろうと思うのでした。

さらにそういえば、今年は人生初のハワイ旅行に行きます。
久々のJALで行きます。姪の人生初の海外になりそうです。
楽しみだなあ。実り多き一年になりますように←だんだん趣旨が変わってる(笑)

C4438485-E5BD-4FCD-9D37-B7FE118F8DFC.jpeg
ハワイといえばパンケーキ、お連れさんによると、
カイラよりエッグスシングスのほーが好きだってさー

nice!(3) 

11年目 [Diary]

IMG_6106.JPG
同じ写真の使い回しです。
3/10は母の命日。毎年なにか書いてるけど、ほんとに考えてない(笑)
とにかく天気が良くてよかったかな、それぐらい。

IMG_6102.JPG
3/20で閉店する千葉三越。
懐かしいところを巡ってみました。
新しく千葉そごうが出来てからは専らそっちで。
でも実のところ、母とよく行った千葉そごうだから、
そっちもろくには行ってなかったから三越はなおさらで。
昔、小さな遊園地のあった屋上には何もなく、
ふと目をつむるとふと思い出す光景(走馬灯か?!?)

IMG_6046.JPG
こちらも毎年恒例のシーの菜の花。
菜の花には思い出いっぱい。
でも悲しい記憶より、楽しい記憶のほうが残るらしい。
だからいつかは菜の花をみると楽しい記憶だけ残っていて欲しいな。
なんかあったけど、思い出せないからいいやってな具合に。

結局、ブログ更新は携帯からになりましたとさ(笑)

nice!(3) 

現状報告2 [Diary]

IMG_5107.JPG
もうすぐ、バレンタインデー、
これは2年前ぐらいの香港での出来事。
ケーキカットしたのがまるで昨日のよう(大嘘、2年前)

スライド40枚まできました!2/5消化!
こんなんしよーは、62枚まできました。
まだ色気が全くないスライドですが、とりあえずね。

IMG_4708.JPG
バレンタインナイトも行けました。
なんとBの三列目という良席で!ありがたや。

今週は楽しみが待ってるのでそれを励みにまだがんばりまーす。
来週もね、再来週もね、楽しみがあるんだ〜
舞浜も今月はまだ一回も行けてないので楽しみです。

そんなわけで、楽しみだーという酷く前向きすぎる記事になりましたとさ(笑)

IMG_5069.JPG
春はもうすぐそこまで‥

nice!(2) 

ゆく年くる年 2016-17 [Diary]

IMG_3449.JPG
もうすぐ2016年が終わります。
記事を書くつもりだったけど、やはり笑っちゃいけない‥をみつつ書いてます。
2016年は、ひたすらアラスカクルーズですね。
上の写真はインスタのベスト9というやつですが、
2/3がアラスカときたもんだ。ほんと癒しすぎでありました。

IMG_1695.JPG
本当に楽しかったし、みなさま可愛かった。
全てが良すぎた。。。ヽ(;▽;)

IMG_0003.JPG
それと今年はクリスタルウィッシュジャーニーとの出会いです。
本当に何度みても何度みても何度みてもいい。

IMG_2792.JPG
ハロウィンもクリスマスもいいから、こっちをみたかった。

そんな2016年、ミキカンはだいぶ減ったけど、
そのかわりにレインボールアウも、かなり好き♡

2017年はどんな年になるかな。
ま、マイペース過ぎですが、来年もまたよろしくお願い致します。

nice!(3)  コメント(2) 

あれから10年 [Diary]

DSC_2044.JPG
あれから40年だときみまろですな(笑)
今日はなんと10回目の母の命日です。
墓前で、ディカプリオがアカデミー主演男優賞をとれたと、
ちゃんと報告できたのが何よりも嬉しかったです。よかった!
10周年とかスィートテンダイヤモンドとかいうんだからと、
やはり派手な花にしておきました。いま1輪250えんもするのね〜

昔から何かの機会に見直そうと思ってたDVD、
クレヨンしんちゃんのオトナ帝国、
10年か20年か、30年とかキリが良いときにと思ってましたが、
どうも20年後は自分の寿命も怪しいとなったので忘れない今に。

これは私が母に会った最後の日にみてたDVD、ちょうど初めて見た日。
この数日後に私は葬儀をむかえ、ひたすら繰り返しこれだけみてました。
別に他のなんでもよかったけど、ただ取り替えるのが面倒だったので。

ケンがいう、
今の日本にあふれているのは、汚い金と燃えないゴミぐらいだ。
チャコのいう、
外の人達は心が空っぽだから、物で埋め合わせしているのよ。
この2つの台詞は非常に印象的でこれ以来、余計なものは買わなくなりました。

そして、過去だけを振り返るオトナ、
未来を夢見るコドモ、
オラ大人になりたい!とズルいぞ!いうあの名シーンは今でも忘れません。

過去だけを振り返っても仕方ないな〜としみじみ思い、
公開当時、大人が大号泣だったというまさにオトナ向けの映画、
10年たった今、ようやくようやくようやくみれました。
ヒロシの回想シーンに自身を重ねる人は多かろう。
過去に囚われずに未来をみていかねばと思い10年、あまり変わりばえしないかな。
何にせよ、コドモ向けのあの映画が私の何かを変えたのは事実であり‥‥

だけど、私の人生があとどれぐらい残ってるのかわかりませんが、
20年後がありますように〜(笑)
今日は懐かしい場所を点々と訪れてみましたが、泣きはしないですね。
よってやれるときにやれることはやろう!というのを、
今回は思うことにして、また来年にちゃんとコメントが残せますように。
nice!(4) 
共通テーマ:moblog