So-net無料ブログ作成

紀州清流担々麺 produce by keisuke [Diary]

01.jpg
↑先日、船橋のシャポーにある紀州清流担々麺 produce by keisuke というお店にいってきました。
この担々麺は、「ピスタチオ担々麺」という看板メニューのようす。
普通の白ごま坦々麺にピスタチオのすっごい豆豆しいクリーミーなスープが合わさった凄技。
ひとことで言えば、これうまっ!でした。

02.jpg
↑入口のところののれん。ラーメン屋っぽいけど、白くて清潔に感じますね!

03.jpg
↑さっきはピスタチオを看板といったけど、この白ごま、ピスタチオ、汁なしが看板メニューかな。
汁なしとすごーーく悩みましたが、せっかくなのでまずはおすすめのおすすめの王道を。

04.jpg
↑またしてものれん(笑)
さっきの看板の上にあったやつ。everyでピスタチオが紹介されたらしい。

05.jpg
↑またしても入り口(笑)
第1、お店の読み方もようわからんときた。

06.jpg
↑券は食券式で最初に買わないといけない。はて困った。
実のところ予習で、おおよそ何にするかは決めてました。 (だから王道になった)
味はあっさりとこってりがあるけど、食券は一緒で注文のときに言うらしいです。

07.jpg
↑お店の厨房のあたり。ひとつひとつ丁寧に作ってる印象。
たまたまかもしれないけど少し遅く感じました。(腹ペコだったしね)

08.jpg
↑店内の奥の様子。この下にはカウンター席、
私がいたのは広いテーブルのある4人用席もあるのでファミリーでもOK。
さっきの厨房の前もカウンター席でした。

09.jpg
↑メニューの詳細。食券のあたりにもこれあったらいいのになあ。
色々ありすぎてどうしたはよいのかわからなかったしね。
ようはピスタチオのほかにも松の実とか、くるみとかいろいろあるので。

10.jpg
↑ちょっと気になってた汁なしは今後の課題で。
なんというか、ナッツぎっしりで、少し悩んでしまいました。
ナッツしか味じないのでは?と危惧したけど、ほかの味もするみたい。

11.jpg
↑あとこのお店で楽しみだったのは、ぶどう山椒です。
実に香りのよい山椒でしたよ、これも売りみたいですね!
汁なしのは、その山椒の味もよくわかるみたいです。

12.jpg
↑あと、ほっとしたのは、店員さんの手書きのおしぼりです。
これはお店のポリシーのようですね、手書きがとてもいいです。

13.jpg
↑お連れ様は、悩んだ挙句、それこそ王道中の王道!白ごま坦々麺!
でもこれがすべての基本ですね、きっと。それにピスタチオとか混ぜてるかんじ。

14.jpg
↑白ごま坦々麺に、この特製ラー油を入れたらとってもといしかったです。
んでもしかし、Keisukeで誰じゃい????

15.jpg
↑と思ったらお店の外に写真がありました。ラーメン界では有名らしく、
この方のプロデュースだから、いいぞ〜的なようです。少し値段はお高めかな〜

でも大満足な一杯でした。あえていうと、中太麺ぐらいのこってりではなく、
細麺のあっさりにして自分好みにするとよかったかもです。
Keisuke特製ラー油とか、辛いやつとかおいしそーでしたので。
今度、機会があったらまたピスタチオのあっさりにしてみたいとおもいました。
(実は食べ終えたら、やや気持ち悪さが...お連れさんもね...)

ラーメンブログではないので、あーだこーだじゃないですが、
また行きたいか?といえば、いえすです。アクセスもよいし、日曜日でもそんなに待たずに。
でも我々が出るころにはファミリーが並んでおりました。少ない方々はカウンターで。
ちなみにお子様むけのラーメンもちゃんとありました。といってもほとんど辛くない。
そう、坦々麺といっても辛くはなくナッツの甘みがつよいので、自身の好みで辛くする。
そんな自分のお気に入りがみつかればいいかな~とおもいました。

16.jpg
↑この日は帰りにファミマのピーチフラッペも食べてご満悦な休日になりましたとさ!
nice!(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー