So-net無料ブログ作成

ホテル ザ・マンハッタン幕張「セントラルパークスイート」1 [Travel]

千葉県民ならば(千葉市以南の方たち)知る人ぞ知る、幕張のホテルです。
その昔はバブリーで有名なホテルでしたが、まあ時代の流れはありつつも、
建物や内装は大きくかわらないので、いつかは泊まりたいホテルでした。
(実は仕事などで行くことは多いのでなじみのホテルではありました)

まあ、そんなこんなで食事や会議みたいなはあったけど、泊まる機会がやってきました。
条件もよく、ずいぶんとお値打ちでプラザスイートというのがあったのでそちらをぽちっと。
P7189890-1.jpg
↑のはずだったのですが、チェックインが遅かったのもあって、有償UGを提示され、、、
当ホテルで2番目に広いこちらのロイヤルスイートはどうですか?と、速攻YESです。
値段をみると、220000とかいてある!!!!22万?????
プラス5万までで考えようかな?とちらりと思ったけど、なんとプラス8000円でした。
20階のフロアにアサインされました。(珍しく部屋まで案内つきです)

P7189891-2.jpg
↑なんとドアに「セントラルパークスイート」と書いてあります。93㎡だそうです。
ここのフロアのお部屋にはそれぞれの名前がありました。ちなみにロイヤルスイートシーサイドです。

P7189872-3.jpg
↑さすがはスイートルーム、広いです。
家具の調度品がアンティークが良いかんじですね。

P7189871-4.jpg
↑さっきとろくにアングルが変わってない。ここのでかいソファーは4人座れそう。
テレビは2個、トイレも2個ありました。

P7189873-5.jpg
↑ベッドルームはダブルベッドで、かなり大きかったです。私なんて横でも寝れそう。
2200mmX2000mmのカリフォルニアキングサイズだそうですよ。

P7189877-6.jpg
↑そしてここのプラザスイートもそうでしたが、バスルームがでかいんです。
今回、泊まろうと思ったのはこの広い総大理石バスルームが格安で泊まれるから。
バスローブとかっていいですね、気分だけでも~~

P7189879-7.jpg
↑奥に独立シャワールームもありました。腰掛もあります。

P7189878-8.jpg
↑アメニティもたくさんありました。手前のはスイート用かな?

P7189880-9.jpg
↑なんといってもびっくらこいたのが、シャンプー類がロクシタンだったことです。
おーまともに買ったらすごい値段がしないかい?

P7189904-10.jpg
↑そしてバスルームは広いだけではなく、でっかいジャグジーもあるのです。
HPによるとジャグジー社特注のバスだそうです。しかもバブルバスもあってね。
入れるだけでOKで、泡がもこもこもこもこしてました。

P7189900-11.jpg
↑ここのカーテンを開けると、実は海側なんです。
まあ、条件によっては丸見えみたいな気はしますが、バスは楽しかった。
夜は明かりを落として夜景を楽しめばいいのかなとチェックアウト後に思いました。

P7199910-12.jpg
↑朝になって景色をとってみました。
実は朝風呂にもジャグジーでつかってみたので、贅沢な時間を過ごしました。

P7199911-13.jpg
↑カーテンをあけてみました。真ん中ぐらいは海ですよ。東京湾ですが。

P7199914-14.jpg
↑順番が妙ですが、冷蔵庫のところです。ミニバーはありました。
水道つきです。ここでグラスでも洗うのですか?それとも目の前がトイレだからそっち?(笑)

P7199915-15.jpg
↑冷蔵庫です。あまり品揃えはよくないですが、とにかく安かった。ビールも200円代だったような。
ちなみにコーラは自前です。なんか某ホテルの1/3ぐらいだった気がします。

P7199917-16.jpg
↑そして例の水道。こうやってみると、なんのため?そういうものなのかな?
(庶民はそうそうスイートとか来ないからわからん)

P7189889-17.jpg
↑だいたいお部屋は3つにわかれていて、リビングルームからみれる夜景でした。
まあ、てっとり早くいえば、国道357線ですかね?

P7199934-18.jpg
↑357じゃないな、もう1個内側の道でした。
と地理までわかってしまうほど、地元のホテルだったわけです。

P7199938-19.jpg
↑違う角度からの写真、ベッドタウンですからね。
とはいえ、このカーテンが自動で開閉するのも感動でした。
そういう作りって外国に多いような気がしました。バンクーバーのホテルであった!

P7199920-20.jpg
↑そういえば、このスリッパがふかふかですっごく良かったです。
某ホテルの2倍の厚さがありました。←なんでも比べるなって。

このびっくりプランはまだ続きます。

nice!(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3