So-net無料ブログ作成

ハリーポッター7 [Harry Potter]

ま、いちお買いました。そして30章から読み始めました。
なんだか、おまけがついてくる言われたけど「いりませんっ!」
私は原書よんでるから、どーなるか知ってるからいいんだよね~と言い訳。

まず、ひとこと。
meが「僕」でよかった。ああ、当たり前ですか。
でも私が一番、気にしていたことなんです。

でも流し読みをしたので、詳しくわかったようなわからないような。
正直、生意気いうと、英語で読んだ時のほうが泣けました。
もちろん、どうなるかと知らないからなんだろうけど。

以下、内容には触れないように努力しますが、未読の方は気をつけてください。英語との比較になります。(って30章からしか読んでないけど)

alwaysが「永遠に」はよかったな~closeはねえ、そうきたか。
wellは平和か、taleは物語か、記憶であってほしかった。
cowardは卑怯者だった、うーむ、勇気ある者の反対で臆病者のほうが良い?

翻訳者が33章好きでよかった。公言もしていたし、解説でも書いてた。
だから、33章が実に良い出来になっていると思ったのでした。
はじめてきいた(←読んだが正解)「僕」はこんな時だなんて(泣)。
30章からだったけど、翻訳者の意図が十分伝わる感じでした。
だから、本当の真の主役はこの人じゃなかろうか思いました。

さて、さっとだけど思ったこと。
わたしってけっこう、わかっていたじゃーん!と思った。実は賢い?
読み終わったときに悟ったことを思い出しました。でもまだ口にできない。

内容に触れているんじゃんねー。ま、来週あたりゆっくり読み直します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0