So-net無料ブログ作成

五匹の子豚 [Christie]


五匹の子豚 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

五匹の子豚 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

  • 作者: アガサ クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: 文庫


内容(「BOOK」データベースより) 母は無実だったのです―娘の頼みにポアロの心は動いた。事件が起きたのは16年前。若い恋人に走った高名な画家を妻が毒殺、裁判の末に獄中死したのだ。殺人犯を母に持った娘の依頼で再調査に乗り出したポアロは、過去へと時間を遡り、当時の状況を再現してゆく。関係者の錯綜した証言から紡ぎ出された真相とは。


16年前の事件を調べてくれ~と依頼され、そういうのがお得意なポアロ。
今ある証拠や現実が大事ではなくて、人の心理や行動や他人の評価から、
真実はひとつ!(あれ、違う番組ですか?)なわけです。

16年前、若い恋人にはしってしまった夫を妻が殺したのか?
でもその妻は幼かった娘に自分は無実だと手紙を残していた。
女史お得意のマザーグースの唄にのっとって、
この子豚はマーケットへ行った →株取引とかしている被害者(夫)の友人
この子豚は家にいた →引っ込みじあんの加害者(妻)を好きな人
この子豚はロースト・ビーフを食べた →被害者(夫)の若い恋人
この子豚は何も持っていなかった →もの静かなオールドミスの家庭教師
この子豚はウィーウィーウィーと鳴く →被害者(夫)の義理の妹、加害者(妻)の妹
の容疑者が新たにうかんでくるのでした。実際はもう時効みたいなもんですが。

嫉妬に狂った妻が夫を殺害したと思われていたのに、
実は夫の友人、それとも妻を慕っていた男、実はその若い恋人、
家庭教師がモラルに反しているから、姉を助けようとして?など、それぞれ動機が。
ポアロは本にしたいからという理由でそれぞれに手記を頼みます。
そこから読み取れること、実際に話して得られたことから、真実に迫るのです。
いやあ、精神を卓越した愛情とか、信念とかあるんだなあと思うもんでした。

今この歳だからこそ、妻の苦しみや愛情、冤罪であったはずなのに、
刑を受け入れた時の安堵感や幸福感、そして娘だけには真実を知ってもらいたかったと、
妻のカロリンに敬意を表したいなと思いました。
そして、真犯人には決して得られなかったこと。私は前者でありたいです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0