So-net無料ブログ作成

杉の柩 [Christie]

婚約中のロディーとエリノアの前に現われた薔薇のごときメアリイ。彼女の出現でロディーが心変わりをし、婚約は解消された。激しい憎悪がエリノアの心に湧き上がり、やがて彼女の作った食事を食べたメアリイが死んだ。犯人は私ではない!エリノアは否定するが…嫉妬に揺れる女心をポアロの調査が解き明かす。(「BOOK」データベースより)

これだけ読むと推理小説ではないような気もしますが、
立派なポアロが出てくる推理小説です。
本当は心から情熱的に婚約者のロディーを愛していたのに、
わざと素っ気なくしていたエリノア。
そこに若く美しいメアリーが登場してから運命はかわり。
自分たちの結婚をのぞんでいた叔母が急死し、財産はエリノアへ。
でも叔母は死期が近づいてきたとき、メアリーの事を気にしている様子。
エリノアはメアリーに多額のお金を親切心から渡すことにしたのに、
婚約は解消、メアリーは自分の作ったサンドイッチが原因で中毒死。
容疑者になり、被告になり、裁判が続けられる。
でもロディーをとられたと思う嫉妬心はあったわけで、本当は自分が…と思い始める。
一方、ロディーには理解ある女を演じて自分から身をひくのだが、
エリノアはどんどん自分で自分を追い込んでいくのでありました。

ポアロは叔母の主治医であったロード医師の執拗なまでの頼みによって、
調査をうけていろんな方の「うそ」を見破っていきます。
全ての証拠がエリノアが黒だと決めつけているよう。作られてる気もする。
しかし当のエリノアはそのまじめさゆえか、本当の犯人だからのか?
無罪放免を願っているわけでもないようにみえるのでした。
でもエリノアは嫉妬から相手の女性を殺すようなタイプではない。
しかし、叔母の死因も薬物によるものではとも疑惑が。

“嫉妬”
誰にでもあるものですよね?私もなんだかタイムリーに感じてしまいました。
別に恋愛に関するわけでもなく、様々なシーンにそれは存在するわけです。
エリノアは完璧なクールな女性ではなく、嫉妬に狂うふつうの女性でした。
でも攻め続けるのは、「自分」に対してだったのでした。
ちょっと自分に似た感じがしたので、共感しながら読んでしまいました。

後半部分は裁判の話ですが、実に爽快に話がすすんでいきます。
おなじみのポアロがみんなを集めて、「犯人はおまえだ!」をするのではなく、
ポアロが手をまわした人達が次々に証言台にあがって、
さきほどいったウソを見破るのが、楽しくてしょうがなかったです。
この本は女性の心理をよーくわかっている気がします。こわいです。

杉の柩

杉の柩

  • 作者: アガサ・クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2004/05/14
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。